クレジットカードのキャッシングの審査は早いのか?

キャッシングの審査は時間が必要?

一般的にキャッシングの審査は時間がかかります。これは全てのキャッシング申し込みの際に同じ結果をもたらすと思われることです。ではなぜ時間がかかるのか?
理由はキャッシングの審査については、貸金業法の総量規制をきちんとクリアしないといけない為、様々な情報を精査して審査を行わなくていけないということです。

 

 

ですので、時間は長くかかります。長い場合は半日からほぼ終日かかると言われています。時間がかかるので審査に緊張するかもしれませんが、我慢しましょう。
ちなみに専業主婦や収入のない学生さんなどはキャッシングサービスを利用するのは無理ですので、申し込みができなくなっています。

 

 

 

 

キャッシング枠がない場合は、審査が早い

クレジットカードで新規カード作成申し込みをした場合、ショッピング利用のみかキャッシング機能も付加するのか選択することができます。
両方を申し込む場合には、キャッシングについては当然貸金業法の総量規制の問題があるので、他社の利用状況等を厳しくチェックして審査するようになります。

 

 

ですので、ショッピング枠のみのカード申し込みより当然審査時間は長くかかってしまいます。キャッシング枠の希望を言わなければかなり早く審査が完了することになります。
ただしキャッシングをつけるとカード発行まで時間がかかるとはいえ、1週間などそこまで時間がかかるようなカード会社はほとんどありません。

 

 

収入証明って必要?

クレジットカードでは、キャッシングの利用に際して、以下の基準によって収入証明書を提出しないとキャッシングサービスの利用が規制されるようになっています。
新規のカード申し込みを行った場合に、利用限度枠が50万円を超えるとき。他社カードの借入総額に対する合計金額が100万円の場合。この2点については必ず収入証明書の提出が必要です。

 

 

では、収入証明書はどのようなものを用意すればいいのでしょうか?まず、申込者が勤め人の場合は源泉徴収票、給与明細書(直近2ヶ月分)特別徴収税額の通知書のいずれか1つが必要となります。
また、申込者が自営業者や法人役員の場合は、最新の課税証明書(所得証明書)、最新の確定申告書のいずれか1つが必要となります。